人気ブログランキング | 話題のタグを見る
下関市都市景観賞をW受賞
この度、手前味噌で恐縮ですが鈴木が個人として第11回下関市景観賞のフォトコンテスト部門、そしてヒコハツ!という有志の活動チームの共同代表として景観まちづくり活動部門を受賞というWで景観賞を頂きました。
フォトコンテスト部門についてはコンテストを知る前に何気なく撮っていたお気に入りの写真でした。優秀賞や入賞の方のプロの様な風景写真には技術的には全く及んでいませんが、写真の中の親子のワンシーンを響灘の素晴らしい景観とともに評価頂いたのだと思います。
下関市都市景観賞をW受賞_e0125700_07151232.jpeg
下関市都市景観賞をW受賞_e0125700_16512105.jpeg



また、景観まちづくり活動部門で受賞しました「彦島ナイスビューパーク内のあずまやを「ヒコハツ!」+地元有志でリノベーションした活動」についてはヒコハツ!結成前に鈴木が誰に頼まれた訳でもなくエリアに魅力と可能性を感じ企画書を作っていたものをヒコハツ!の一発目の活動として実践した事例です。
しかし、鈴木個人ではこういった形での実現は無かったでしょうから、チームとして取り組めたこと、そしてDIYに参加頂きました多くの方や協力会社様には感謝しかありません。また、活動についてはリノベーション完成後の関わりまでが評価対象であり、そこはチームとして今後もこだわって行きたいと考えております。
コロナ禍ではありますが今後も個人、そしてヒコハツ!というチーム、またヒコハツ!だけではなく様々な形でチームを組んで地域と関わりながら楽しみながら設計やデザイン業務にも励んでまいりますので、皆さま今後共どうぞ宜しくお願い致します。



# by ksa-memo | 2020-12-22 07:11 |
事務所のフェイスブックページ
弊事務所のフェイスブックページは下記になります。ブログと並行して情報を発信しております。
是非チェックください。

# by ksa-memo | 2020-04-26 10:02 |
星野リゾート 界 長門(ご当地楽スペース)

星野リゾート 界 長門(ご当地楽スペース)_e0125700_16573498.jpeg

星野リゾート 界 長門(ご当地楽スペース)_e0125700_08260855.jpeg

星野リゾート 界 長門(ご当地楽スペース)_e0125700_16565664.jpeg
星野リゾート 界 長門(ご当地楽スペース)_e0125700_20095968.jpeg
※写真は最終的な完成の少し前のものになります。



星野リゾート 界 長門(ご当地楽スペース)

空間デザイン設計監理:鈴木浩介建築設計事務所

プロデュース+施工管理:金剛住機株式会社

左官施工:福田左官


界オリジナルの特別なおもてなし「ご当地楽」を体験するスペースをデザインさせて頂きました。

ここでは、界 長門全体のテーマである「藩主の御茶屋屋敷」や「文房四宝」「赤間硯」「他のスペースとの調和」などを考慮した空間デザインとしており、その空間や体験に合わせた筆掛けや水差し置き、印篆の字体なども鈴木がデザインしております。

宿泊者が山口県の伝統工芸である赤間硯で墨をすり、その香りに触れ、扇子型の和紙に想いを膨らませながら絵や文字を綴るひととき。

長門を中心に周辺都市までも俯瞰し資源や伝統・技術を調査・取材し、一方でご当地楽を体験する人の姿・道具・ふるまいを創造しながら多くの提案を行い、チームでディスカッションを重ねた上で生まれた空間です。


# by ksa-memo | 2020-04-15 07:16 | 建築
1日確認&塗装作業
1日確認&塗装作業_e0125700_18414428.jpeg
とある宿泊施設の一部空間デザインをしています。
現場での工事が進む中、長門市にあります福田左官の福田さんの作業場で壁面の左官や左官タイルの材料・質感・色・配置決めなどを1日かけて行ないました。
大荒れの天候の中、自ら手を動かし、調色し、塗装することは大変でしたが方向性が決まり一安心。
完成までラストスパートです。



# by ksa-memo | 2020-02-18 18:47 |
蓋井島へリサーチに行ってきました
蓋井島へリサーチに行ってきました_e0125700_19065649.jpeg
蓋井島へリサーチに行ってきました_e0125700_19051586.jpeg
蓋井島へリサーチに行ってきました_e0125700_19061788.jpeg
蓋井島へリサーチに行ってきました_e0125700_19053955.jpeg
とあるリサーチで下関の離島である蓋井島へ行ってきました。
吉見港から40分ほどで到着するこの島は、漁業が中心の島ですが近年は特産として椿オイルやエミューオイルを特産品としているところでもあります。

漁港の透き通る海には網でも取れるぐらいの鯵の魚群、信号も無くナンバープレートの無い車やバイクも目に入るなど離島特有の雰囲気が感じられました。

年配の方や若手の方に日々の生活スタイルや人間関係やお祭りのことなどを聞いたりエミュー牧場を見たり、わずかな数時間でしたが島で暮らすということが少しだけ見えました。

そしてこの島の人たちのために微力ではありますが力になりたいと思いました。
来年も楽しみです!

# by ksa-memo | 2019-12-19 19:19 | 自然